オーナーブログ

タケヤマの徒然日記

熱さ

いらんです。

何かを伝えたい、こうしたい

あれしたい、認められたい。

解って欲しい、いらんです。

内に秘めてればいい話です。

それよりも大事な事は

解ろうとせずに

只あるがままの事実を受け入れ

相手の話しをしっかり聞く事です。

分かんなくていいです。

それだけでいいと思います。

 

しかし

 

熱さ

 

言い換えると、情熱があらゆる事を

動かす原動力になります。

 

熱さはいります^ ^

 

 

TVに店が出るという事

先日某番組のスタッフが取材をさせて欲しいと

言う話しになりました、私的にはオープンで間なしなんで

店のいい宣伝になると一回心が揺れ動きましたが

断りました。

 

過去に一回テレビに出た事がありました、

その時は私も勉強が不足してまして

メディアの力の凄さを理解して無かったのです。

今となってはあの時は経営的には潤いましたが

その代償も大きかったのです。

 

理由は

急激な売り上げ増は

 

◼️人員を急に増やさないといけなくなるしかしこんな時代なのでスタッフが集まらない

◼️急激な仕込み量の変化に対応しづらくなる

◼️番組で紹介された商品にお客様が殺到し過ぎ他の注文が少なくなる

◼️既存の常連さんが来なくなる

 

です。

 

メリットは一時的な売り上げ増が期待出来ますが

 

問題は、その波が去った時なのです。

 

そこから壁に当たります。

当然競合が増えたり、収益が膨らみ出店するとか考えますが

そこが経営者の手腕が試されます。

 

何よりも大事なのは先の先の先迄

見据えないと、行けないと言う事です。

これができるのが優秀な経営者です。

今となっては、あの場面が事業が大きくなる分岐点

だったと思います。

 

何よりも強い店は売り上げが何年経ってもガタ落ちが無い事です。

継続は力なりですが、大勝負に出ないと行けないときはやがて来ます

その時こそ備えあれば憂いなしです。

変化

年齢を積めば積む程、新しい事に首を突っ込む事が億劫になったり、自分のパターンが出来上がり

知らず知らずに居心地のいい場所、楽な場所に落ち着きがちだ。

 

これもありだが、ただ歴史に名を残す偉人は誰もが常識を疑い新しい物を創造してきた。

 

そもそも常識とはなんだろうか???場面によっては自分の常識が非常識だったり

これは旅をして痛感した事だ

 

最近仲の良い友達と飲んだ時に若くありたいと言う話になった時

若さってなんだろう?を考えた時に変化を恐れないで新しい事に向かう勇気

なんじゃないかと思った。

 

情熱の薔薇

私の大好きな名曲がブルーハーツ
情熱の薔薇だ、詩は面白い物で
その人のその時の状態、状況化で捉え方が変わる。今日は自分勝手な解釈をさして貰おうと思う。

永遠なのか 本当か時の流れは続くのか
いつまで経っても変わらないそんな物あるだろうか見てきた物や聞いた

事いままで覚えた全部でたらめだったら面白い
そんな気持ちわかるでしょう

※答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方
涙はそこからやってくる 心のずっと奥の方※

なるべく小さな幸せと なるべく小さな不幸せなるべくいっぱい集めよう
そんな気持ちわかるでしょう

情熱の真っ赤な薔薇を胸に咲かせよう
花瓶に水をあげましょう 心のずっと奥の方

☆この歌詞は人により色んな意味を持つが私の捉え方で解釈すると

永遠なのか 本当か時の流れは続くのか
いつまで経っても変わらないそんな物あるだろうか見てきた物や

聞いた事いままで覚えた全部でたらめだったら面白い
そんな気持ちわかるでしょう

この部分は私が一番好きな部分だ
例えば大きな壁が立ちはだかって、押しつぶされたり、負けそうになってしまった時
見てきた物や聞いた事いままで覚えた全部を180度違う視点で捉えたら
何か今まで見えてた景色が変わり清々しい気分になるのだと思う。